アルミ鋳物は世の基盤【生活を支えるタキロンやプラスチック】

工場

合成樹脂のパイオニア

工場

20世紀は合成樹脂の時代だったという言葉を見聞きする事もある程、合成樹脂を原料とする様々なセルロイド製品が一気に登場した時代でもあります。セルロイドはいわゆるプラスチックの前身でもあり、20世紀後半になると時代は一気にプラスチックの大量生産へと変わっていきました。このプラスチックの優れている部分は非常に多く、合成樹脂の技術が開発されなかったら現代の加工業界はこれほどまでに進化しなかったと言われる程の貢献があります。まず一番プラスチックの優れている部分として熱可塑性に優れているというポイントが有ります。熱さえ加えれば容易に形を成形することができ、また簡素な成形加工工程でもある程度の目標加工物を作ることが出来てしまいます。プラスチックを用いた加工品を製造している場所は多くありますが、その中でもタキロンはパイオニア的存在として知られています。
タキロンの作る樹脂加工製品はたくさんありますが、有名なものとして塩ビプレートがあります。塩ビ管と聞いたことがある方も多いでしょうが、その管をプレート状にしたのが塩ビプレートで、様々なところで用いられています。本来塩ビプレートは耐久性に優れていて、熱可塑性も高く成形がし易いものでしたが、耐薬品性が低いという製品的特徴がありました。タキロンはこの耐薬品性に低さに注目し、酸やアルカリ系、また油脂系などに強い塩ビプレートを開発しいち早く販売を開始しました。国内でも樹脂加工を比較的早く取り入れた事で様々なノウハウを持つことができ、このノウハウを活かして安定した塩ビプレートを作り出すことが出来たというわけです。タキロンは塩ビプレートだけではありません。PETプレートと呼ばれる非結晶性質ポリエステルを使用したプレートを開発し、廃棄時にハロゲン系の有毒希ガスを発生させにくくした製品を開発しました。PETプレートがどこに使用されているか分からない方も多いでしょうが、実は様々なところで用いられていてPOPディスプレーや製品カバーなどに広く利用されています。ポリカーボネートプレートの中でも耐電気性能が高い製品を開発したのもタキロンで、電気を扱う電気製品に対してポリカーボネートを材料として作ることが出来る様になりました。マイナーどころから有名どころまで幅広く樹脂加工製品を作り続けているのがタキロンであり、まさしくパイオニア的存在として業界は勿論のこと産業企業の中では有名な企業でもあります。