アルミ鋳物は世の基盤【生活を支えるタキロンやプラスチック】

工場

大量生産を可能に

工場

技術が未熟な頃の大量生産といえば専ら人力での生産が一般的でした。人を集め人の数だけ生産を行うのは実は1700年代初頭までは当たり前で、逆に人力以外でしか生産が出来ない状況でもありました。しかし技術が進歩していくと機械を使用して大量生産を行おうというアプローチが行われ、実は産業機械開発の始まりはここから来ています。様々な大量生産の方法がありますが、現代では効率と質を求めた結果金型と呼ばれる生産方法が行われるのが一般的になっています。書いて字のごとく金型とは金属で作られた型のことで、この型に樹脂材料や溶けた金属を流しこむことで型通りの成形物を作り出します。成形物の事を鋳物と言ったり、また金型を作る技術のことを鋳造と言ったりしますが、意外と金型を作るのは難しく、それなりの技術を要します。
部品加工など大量の生産が求められる場面では大量生産を行うのは一般的で、金型がよく用いられます。部品加工で求められるのは量だけでなく質も求められ、0.1ミリでも違っていれば同じ規格の部品としては認められません。そのため部品加工で用いられる金型は通常の金型よりも精巧に作られ、人の手では加工することが不可能な形状などはマシニングセンタなどの専門機械が用いられることもあります。こういった部品加工用の金型を作ることを専門とした企業はいくつか存在し、日本国内でも数こそ多くないですが依頼することで金型成形をすることが出来ます。また金型と言っても幾つか種類があり、それぞれの種類によって可能な場合とそうでない場合があります。種類以前に金型で作ることが出来る部品とそうでない部品も存在しています。金型依頼をする時は事前に調査をする必要があり、専門の企業に相談したりコンサルティング企業にたずねてみたりするのもいいでしょう。金型加工に必要な金額も桁違いに高い事もよくあることで、予算的な面でも上手くやりくりする必要が出てきます。ただ部品加工をするためには金型が必要不可欠な状況でもあり、大量生産するというのであれば金型を作っていて損することはないでしょう。まずは部品加工をするために必要な金型を3DCADソフト等を用いて試作して見るところから始めて見るべきです。